なぜか当院で取り扱いが多い背中の痛み(写真の赤いところ)ぎっくり腰や寝違いのように身体を動かすことができない場合も多いのでぎっくり背中と表記してみました。

今までの経験では鍼治療が可能ならほぼ痛みはなくなっています、また内臓の悪さが影響した背中の痛みも鎮痛します(内臓が治るまで痛みは復活しやすいですが)

どうやったら治るのか

鍼灸治療だとほぼこの写真のように鍼をすれば解決します。

患部の筋肉は薄く、神経を強烈に締め付ける力はないと思われます。

仮に固まっていたとしたらマッサージや吸い玉で柔らかくすれば治ります、鍼灸治療を求めるのは整体などで治らなかった場合なので、整体やマッサージでは届かない場所を治療します。

・背骨のきわの筋肉
(重症なら本数を増やします)
・首の筋肉
(背筋の神経が出ています)
・肩甲骨にある筋肉
(場所が近いので背筋の痛みと感じます)

痛みはこれでほぼ治まりますが、原因(猫背や背骨のゆがみなど)は解決していないのであと数回整体や鍼の骨格調整をすれば再発を防げます。

鍼はイヤだ

その場合は痛むところ申し訳ありませんが横向きに寝ていただき、指圧マッサージで対応します。

先ほどにも書きましたが、せすじの神経は首からも出ていますので指圧で柔らかく、なおかつ患部をつまむように血行促進させる施術をメインに行います。

そして猫背などの修正をして終了です。

ただ背骨のきわから痛みを発している人も多いので鍼ほどスピードは早くありません、お許しください。