腰痛といってもヘルニアや脊柱管狭窄症など様々な種類がありますが、非特異的腰痛、つまり原因わからないんだけど腰痛というのが85パーセントを占めるといわれています。

現代医学では認知行動療法が注目を集め、腰痛にはこころやストレスが関係しているという考えが一般的になってきました。

鍼灸院では筋肉が悪さをする腰痛が得意です。

筋肉は病院での画像診断ではわからないので上記85パーセントのうち、かなりの割合を占めると思います。

残り15パーセントもほとんど守備範囲です。

原因は様々ですがまとめて治療すれば早い

細かく分類すればたくさんの原因がある非特異的腰痛、鍼は副作用がないので広範囲を治療すると効果的です。

腰痛はAという原因がBに影響して、Cにも・・・といったように様々な原因が複雑にからみあってきます。

ストレッチなどセルフケアを提案するには分類が必要ですが、鍼治療に抵抗がなければうつ伏せ、横向きなどでできる範囲すべてすれば治療効果がなくてがっかりすることは少ないでしょう。

とはいえ、鍼が苦手で指圧マッサージを希望、少数の鍼での治療ご希望の方もいらっしゃいます。

その場合は原因と考えられる部分を説明した上で、ご要望や治療プランにより痛みがでている部分、または原因の除去から始めるなど柔軟に対応していきます。

軽症ならば鍼による骨格調整で痛みが治まる場合が数多く存在します。

写真は撮れませんが検査と治療をあわせて2分程度で整うので重宝しています。

それのみで治すと詐欺みたい( ´∀` )なのですこしマッサージやストレッチを同時に行います。

背骨だけで支えられなくなると筋肉がフォローして頑張ってしまいます

重い荷物を運んだ時も同じですが、この写真を見るとお腹が前に出ているので前に倒れないように腰が必死に固まってふんばっています。

この場合は腰周囲を鍼やマッサージで柔らかくすると痛みはやわらぎますが、二度と痛みの出ない身体になるためには立ち方を変えるかダイエットが必要になります。

他のケースでも、痛みの残りほんの少しという所を改善するには姿勢や生活改善などが必要です。

で、何回で治る?

カルテを見返すと3~12回とかなりの幅があります(姿勢の改善を含める)

上の3つの写真は病歴が長いため、考えうるすべての場所に鍼をしています。
この方法は筋肉が固くなっている場合はもちろん、骨の変性(ヘルニアや脊椎管狭窄症など)があってもドクターに手術を強く勧められていない状態ならば効果を感じられます。

1回で4割から8割くらい痛みが減ったと言われることの多い施術法です。

この写真の場合は6回・1回・2回で痛みが気にならなくなったとのことでした。
(しかし1つめの方は姿勢の改善をする前に来なくなったところ4か月後にぎっくり腰を起こして再び通院しています)

回数が多くかかる場合は

1.仕事で必ず腰に負担がかかる
2.病気や手術、加齢等で体力低下している
3.鍼が苦手

の場合です。