腰痛6

ある程度検査や痛いところを確認したら施術にかかります。

真面目な方は「ある程度」でいいのか?と思うかもしれません。

しかし鍼灸院にいらっしゃる方は例えるならばカラダというビルが火事になっている状態です、原因の検証より、まずは消火しなければなりません。

ある程度改善すれば本当の原因も見つけやすくなります。(火事の例えなら、原因が寝タバコをだとしてもまずは消火!)

まずは「多裂筋」に代表される背骨をつないでいる筋肉に鍼をします。

 

 

 

関連記事

  1. 腰痛11

  2. 腰痛8

  3. 腰痛9

  4. 腰痛4

  5. 腰痛3

  6. 腰痛2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。