鍼を入れたまま待つ時間について

当院では鍼をした後にそのままお休みいただく時間を設けています。

 

鍼の刺激を持続させて効果を高める目的があり、理想は30分間そのままで寝ていただきます(状況により前後します)

 

その間に血管が拡張、血流をよくすると同時に老廃物を流します

 

他の治療院に話を聞くと10~15分間のところが多い印象ですが、実際その時間だと鍼専門の当院では効果が物足りないなといった印象、マッサージなどで満足感を出すことをしていない以上は効果が命ですから

 

また昔の東洋医学の本(霊枢という本)に血液やエネルギーがめぐる時間はだいたい30分くらいと読み取れる記述があること、20分を過ぎたあたりから筋肉緩んでくるという中国の実験にも影響を受けています。

 

ちなみに霊枢に<気>といわれるものは15分で全身をめぐるという記述もありますので、精神的な問題やなんとなく不調だ(いわゆる気のせいだと言われがちなもの)は短めの時間になります。

関連記事

  1. 本日は大雨のため早じまいさせていただきます

  2. 初診療算定期間を変更します(1か月以内の定期通院の方の変更は…

  3. 内出血(青あざ)ができる可能性について

  4. 臨時休業のお知らせ

  5. 4/16 22:30に検査、陰性

  6. 鍼はなぜ効くのか?①

友だち追加